大分県初 食べ物付き情報誌

「さいき・あまべ食べる通信」への思い。

「おいしい」が当たり前に
なっている贅沢な街

 佐伯市は「食のまち」として、おいしい食べ物がたくさんあります。「佐伯寿司」や「ごまだしうどん」などおいしいものがたくさんあり、食観光も盛んです。ただ、あまりにその状況がふつうになりすぎているのも事実です。一度佐伯を出た者が必ず言うのが「佐伯の魚がいちばんうまい」と。そんなうまいものがたくさんあることが当たり前になってしまっていることに気づいている人たちはどれくらいいるのだろうか。もっと佐伯の「食」に誇りをもってもいいのではと思いました。

生産者・加工者の
​職のこだわりを感じる。

 佐伯市は豊後水道という好漁場が近くにあることからとても水産業が盛んなまちです。旧南海部郡にあたるエリアでは一大産業になっています。養殖業では九州屈指の水揚げを誇ります。しかし近年の魚食離れは、じわじわと水産業を縮小に追いやっています。しかし、その逆境のなか漁師や水産加工業者の方々の生き様や仕事への思い、こだわりは本当にすばらしい。彼らを知ると何気に食べている魚がとても愛おしくまた、心して食べることができるようになりました。

故郷を残したい。
​故郷を誇りたい。

 地方ではよく聞くはなしかもしれませんが、佐伯市も消滅都市として未来どうなるかわからないと言われています。ふと考えました。「故郷がなくなるとはどういうことなのだろう」と。想像できないですよね。どんな状況になるのだろうと。「やはり故郷は残ってほしい」そんな気持ちが浮かんできました。なにができるのかなんてわかりません。しかし、この街を活かすものは、誇れるものは「食」ではないかと考えました。その佐伯の「食」を信じてみようと思いました。

 

​【お申し込み時のお支払い方法に関して】

◎ご注文時、お支払い方法として、「クレジットカード」、または「後払い」になります。

「後払い※」の場合、定期購読以外の個別注文(「増量」「おかわり」)の際は、ご注文毎に決済手数料(220円)が発生します。ご了承ください。

​※後払い・・・「後払い.com」が発行する請求書にて、コンビニをはじめ郵便局・銀行で商品到着後に代金をお支払いいただくしくみです。

 
 

​大分県佐伯市って、どんなところ?

​◎大分県南東部に位置し、面積は903.4平方キロメートル、海岸線延長約270km、九州で一番広い面積をもつ街です。海もいいですが、山もいいです。

◎とにかく、魚がうまい街です。

​◎お鮨が有名で、地魚で握られた「佐伯寿司」は絶品です。

​◎「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われるくらい水産業が盛んです。

 
 

さいき・あまべ食べる通信

​facebookページ

Copyright 2016 さいき・あまべ食べる通信 All Rights Reserved.m

【会社概要】

 

さいき・あまべ食べる通信プロジェクト

運営会社:株式会社ベース​  大分県佐伯市田の浦町3-20